寒い時期にはスポーツでの故障に注意しましょう

こんにちは。のぞみ整骨院の院長、石塚です。

日中の時間が少しずつ長くなり、気温もやや上昇してきましたね。しかし、まだ春の訪れは遠く、これからも寒い日はやってくると思います。

さて、冬は身体も冷え込むため、血行が悪くなります。すると、腰の痛みなどが出やすくなります。そのため、身体をできるだけ温めるようにしましょう。(ただし、ケガをした直後の患部などは温めない方がいいこともありますので要注意です!)

また、寒い時期にスポーツの練習を頑張り過ぎてしまうと、痛めやすいという特徴もあります。例えば、野球をしている学生が、頑張って部活を続けていて、冬に肩を痛めるということは珍しくありません。負けん気が強く、頑張って練習すること自体は応援したいのですが、ただがむしゃらにやるのではなく、ケガのケアも念頭に置いて練習できるのが良い選手だと思います。

万が一、肩や肘に痛みが出てきたら、すぐに休んで当院へ治療に来て頂きたいと思います。時には、休むことも練習のうちです。プロ野球選手も無理をせずに治療に専念する期間があるからこそ、長く野球を続けていけるのです。

もっと上手くなりたい、もっと勝ちたい。
そんな気持ちが強い人ほど、身体のケアにも気をつけましょう。寒い時期にスポーツの練習を頑張り過ぎてしまうと、痛めやすく、野球をしている学生が、頑張って部活を続けていて、冬に肩を痛めるということは珍しくありません。しっかりとケアをして、時には休むようにしましょう。

PAGE TOP