息子はフットサルに夢中

実は私、日本サッカー協会公認指導者・審判員の資格を持っています。
だからという事でもありませんが、自分もサッカーが好きなので、長男には小学生ぐらいまで、熱心にサッカーを教えてきました。
長男は、中学に入るとサッカー部に入り、頑張っていましたね。

そのころ、長男はもちろんですが、同じ部活の同級生もサッカーでの外傷で、よくのぞみ整骨院へ通院して来ました。
スポーツ外傷に効果的な、Ito ES-420を使った物理療法とテーピングなどを行って、私なりに陰ながら応援していたものです。

その長男ですが、今では高校生になり、当然サッカーを続けるのかと思いきや・・・。
なんと!フットサルを始めました。
フットサルって、サッカーと似て非なるものと言いますか、同じように見えて全然違う競技で面白いですよね。
埼玉には、フットサルができるフットサルコートが充実しているからか、大人の方でもフットサルを楽しむ人口が多いように感じます。

でも日頃運動不足の方が、友人に誘われてフットサルを週末にやったら、ケガしてしまったなんて話を、よく整骨院で伺います。
サッカーよりも少ない人数で楽しめる上、インドアのフットサルコートも多いことから、気軽さはありますが、やはりスポーツはスポーツ!
フットサルをやる前には、きちんと時間をかけて体つくりをしてほしいですね。

PAGE TOP