寒暖の差に注意しましょう

5月はまるで夏のように暑い日があるかと思えば、薄手の上着では寒いと感じるほど冷え込み日もあります。
また、日中は暖かくても、日が暮れてくる時間帯になると急激に気温が下がって寒くなる事も多いです。
晴れている日は良いのですが、雨が降るとグッと気温が下がる傾向もあります。

体の節々の痛みは、このような寒暖差で出てくる事もありますし、気温が下がった時の「冷え」によって、急激な痛みを感じる事もあります。
腰痛予防、膝痛予防のためにも、もちろん風邪などを引かないためにも、「温度差に対応できるような服装で外出された方が良いですよ」と、のぞみ整骨院ではこの時期アドバイスしています。

また、5月に運動会を行う学校も最近多いようです。
雨も少なく秋よりも暖かいというところから、一見、運動会に適した季節のように感じますが、集合する時間帯は肌寒く感じていたのに、いざ競技の時間になると大変暑く、かと思えば15時近くになると、また寒くなってくるという季節です。

一日中、屋外で応援したり参加したりする運動会。
日ごろ、運動不足のお父様やお爺様が、「張り切りすぎて、ケガをしちゃいました」と、のぞみ整骨院に来られる事も多いですし、運動会の疲れと寒暖差で、調子が悪いと来院される方もいます。
もしちょっとでも体に違和感があるようでしたら、ひどくなる前に、のぞみ整骨院へお越しください。
早めの治療は、早期完治に繋がります。

PAGE TOP