四十肩・五十肩について

何の前触れもなく、突然肩に痛みが出て、腕が上がらなくなる症状。中高年に多くみられる四十肩・五十肩です。

【肩関節周囲炎】

実は、四十肩・五十肩という呼び方は俗語で、正式な病名は「肩関節周囲炎」と言います。
この病気の原因は実のところ、はっきりとはしていません。

数十年という長い年月、肩を日常的に使ってきているために、肩周囲の組織への負担が蓄積して起こる場合や、肩関節に石灰が沈着して関節の動きを悪くしてしまう場合など、原因や可能性はいろいろ考えられます。

【必ず40歳・50歳で発症するの?】

いえいえ、あくまでも四十肩・五十肩という呼び名は俗語なので、その年代になったら必ず、肩関節周囲炎になるわけでもありませんし、ぴったりその年代でなる人もいます。
30歳代で肩関節周囲炎になる方もいれば、60歳過ぎて発症する方もいます。

つまり、肩関節周囲炎は「長年生きていれば、誰にも突然起こる可能性がある症状」という事なのです。
肩の可動域が狭くなったり、体を酷使し続ける生活をしていたり、体が弱ってきたり・・・。
色々な状況によって、症状が出る場合も出ない場合もあれば、その年齢もまちまち。
つまり、いつ肩関節周囲炎になるかは、誰にも分らないのです。

【のぞみ整骨院での治療】

四十肩・五十肩の治療は、痛みがひどい初期の時期は、患部を冷やして安静にします。
落ち着いてきたら、湿性ホットパック「サーモフォア」や、赤外線による温熱効果がある「レッドサンDX」で温めてからマッサージを行います。

四十肩・五十肩の患者様の特徴として、我慢してしまう方が多く見受けられます。
お話をお伺いすると、最初に痛くなったのは1か月前という患者様が多いです。

当院としましては、少しでも早く受診していただくことで、早期緩和を促せると思っています。
1週間経過しても、症状が良くならない場合は早めに、のぞみ整骨院へお越しください。

PAGE TOP