のぞみ整骨院のブログ

2014年8月 9日 土曜日

煮ぼうとう

深谷に住んでいる方で、煮ぼうとうを知らない方はいないと思います。
もともと深谷は、小麦粉が豊富に生産できる土地柄で、更には畑も多く、野菜が豊富に収穫されたことから、この2.5センチほどの幅広な麺の煮ぼうとうができたそうです。

スーパーでも手軽に手に入るほうとうですが、やはり皆さん「冬の食べ物」という印象が強いのではないでしょうか?
もちろん!冬も体が冷えますので、煮ぼうとうを食べていただきたいのですが、暑い夏場も、室内は冷房で知らず知らずのうちに体は冷えています。
健康の為、肩こり腰痛予防の為、血行促進を考えるのであれば、冷やし中華やそうめんばかりでなく、煮ぼうとうを率先して食べていただきたいですね。
ここで、血行促進を考えた煮ぼうとうレシピをご紹介します。

【体ポカポカ☆煮ぼうとう(3人前)】

<材料>
●生麺 240g
●深谷ねぎ 50g
●にんじん 15g
●レンコン 15g
●ごぼう 15g
●白菜 50g
●かぼちゃ 20g
●さといも 20g
●鶏肉 100g
●市販のつゆの素 適量

<作り方>
お水を900㏄用意して、切った野菜を入れて火を入れます。
沸騰したら、鶏肉をざく切りにしたものを入れます。
鶏肉に火が入りましたら、生麺を入れていきます。
麺にある程度火が入ったら、市販のつゆの素を適量入れて煮あがるまで待ち、その後3分、蓋をして蒸したら完成です。

<ポイント>
食材は、体を「冷やす」性質のものと、「温める」性質のものに分類できます。
一般的に冷やす食材を「陰」、温める食材を「陽」と呼びます。
血行促進を考えた煮ぼうとうを作るのであれば、この「陽」の食材をたくさん取り入れる事がポイントとなってきます。
「陽」の食材は、分かりやすく言いますと、緑黄色野菜や根菜、冬場が旬の食材などです。
ただ、かぼちゃに関しては、入れると甘みが強くなりますので、お好みでチョイスしてください。

投稿者 のぞみ整骨院

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

大きな地図で見る

住所
〒366-0801
埼玉県深谷市上野台2944-1

最寄駅
深谷駅 駅からの直線距離 907m

診療時間
8:30~12:00 15:00~19:30
※土曜日は18:00まで

休診日:日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら