肩こりの治療と予防について

みなさんこんにちは。のぞみ整骨院院長の石塚です。

年齢を重ねていくに連れて、身体にいろいろな悩みが出てくるかと思いますが、特に多い症状の一つが、やはり肩こりです。いわゆる五十肩になると、肩が上がらなくなってしまいますが、これは肩関節周囲炎によって可動域が狭くなってきていることが原因です。

始めは痛くて上がらないと思いますが、当院では電気治療によって痛みを取り、筋肉をほぐしていくことで、少しずつ症状を改善していきます。

できるだけ、若いうちから筋肉運動をして筋力を維持しておき、ストレッチで可動域も広げておくことが予防に繋がります。当院では「痛み予防コース」で、こういったより良い身体づくりによって、将来に備える施術とアドバイスもさせて頂いておりますので、定期的な身体のメンテナンスとしてご利用頂ければと思います。痛みが出てきてからの治療ではなく、痛みが出ないための予防で、将来に備えるようにしましょう。

もちろん、症状が出てしまった方の治療もしっかりと行っていきますので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP