大事な試合の前にケガをしてしまったら

みなさん、こんにちは。のぞみ整骨院の石塚です。

スポーツをしていると、大会前にケガをしてしまうこともあります。もちろん、本人はこれまで一生懸命に練習してきたのですから、どうしても出たいということがほとんどです。

のぞみ整骨院にもこのような患者さんが相談に来られることがあるのですが、当院ではテーピングなどを使ってできるだけ試合には出られるようにサポートしています。例えば、土日に試合がある場合は金曜日にまた来院して頂き、しっかりとテーピングで固定します。

ただし、場合によってはテーピングやサポーターを使っても痛みが出ることはあり、そういった場合には無理をして出るよりも、しっかりと治すことに専念するようアドバイスをしています。無理に参加しても、本人はケガが悪化してつらい思いをしてしまいますし、他のメンバーに迷惑をかけてしまうことにもなります。

しかし、最初に書いた通り、まずは出られる可能性を探って、できるだけそれを実現するためのサポートをしていますので、ケガをしてしまったけど試合に出たいという方は、ご相談ください。

PAGE TOP