お子さんが部活動をしている親御さんへのお願い

みなさん、こんにちは。のぞみ整骨院の石塚です。

今日は部活でよくあるケガと治療についてお話したいと思います。

例えば、バレーボールをしいるとジャンプをして身体を反ったときに腰を痛めてしまうことがよくあります。また、野球なら肩や肘を痛めやすいですし、サッカーなら膝や足首の故障が多くあります。

しかし、こういったケガをしても、きちんと治療を受けようと思う人は意外と少なく、親も「子供はケガをするもの」「そのうち治るだろう」と思って放置してしまいがちです。

確かに、子供はケガの治癒が大人よりもはやく、実際にそのうち治ってしまうこともあるのですが、一方でその小さな故障を見逃していたせいで、大きなケガに繋がったり、別の場所の新たな故障を誘発したりすることもあるのです。

そして、すぐに治療をしていれば1週間で治ったはずのものが、2〜3週間かかり、余計に部活ができなくなるということにもなりかねません。

最初の小さな痛みや違和感が出た時点で、早めに治療を始めるようにしましょう。親御さんも、是非お子さんにはそのように指導してあげて欲しいと思います。

PAGE TOP