女子初のラグビークラブチームが埼玉に誕生

最近、女子サッカーが話題で、活躍も素晴らしく、日本における知名度もかなり高くなって参りました。

サッカー好きの私としては、サッカー=男子というイメージで育ってきたので、この女子サッカーブームだけでも驚いていたのですが、なんと!今度は、女子ラグビークラブチームが誕生したというじゃないですか?
サッカー以上に、ラグビー=男子という印象が私の中では確立していただけに、今回のニュースを見て、かなりの衝撃を受けました。
ラグビー界にとっては、革新的な事なのではないでしょうか?

おまけに、初の女子ラグビークラブチーム「ARUKAS QUEEN」が誕生したのは、のぞみ整骨院が存在する埼玉県だというからビックリ仰天です。
立正大や東京学芸大の学生が中心で、既に20名が所属しているのだそうです。
週末に、埼玉県熊谷市に集合して練習をするそうです。

私も全く知らなかったのですが、7人制女子ラグビーは、次のオリンピックのリオで正式種目になったのだそうです。
これは・・・なでしこジャパンに続き、メダルを期待できそうです!

のぞみ整骨院にも、ラグビーでケガをした選手がよく来院されます。
全身を酷使するスポーツだけに、上半身下半身問わず、様々な症状の患者様が多いスポーツです。
女子ラグビークラブチーム「ARUKAS QUEEN」の選手の方々にはぜひ、ケガに注意してオリンピックを目指していただきたいなと、陰ながら応援しています。

PAGE TOP