消耗してしまう軟骨

動物の身体は、さまざまな骨がつながれて構成されているのは皆様もご存知ですよね。

そしてその骨と骨をつなぐ関節には「関節軟骨」があり、関節の動きを滑らかにしています。しかし、この関節軟骨は加齢や激しい運動などにより徐々に消耗していってしまいます。個人差はありますが、加齢による消耗は40歳くらいからはじまると言われています。

4本足で体を支える動物と異なり、二足歩行の人間は「膝」への負担が大きく、過激なスポーツをしなくても関節軟骨は消耗してしまう宿命をおっているのです。

改善策としては足の筋力を維持することで、日ごろからの適度な運動がに大切となってきます。

PAGE TOP