第2の心臓

足(ふくらはぎ)は第2の心臓といわれています。
それは、全身へ送り戻された血液を心臓に戻すのが「足(ふくらはぎ)」の力だからです。

歩行が困難になると血液を循環させる足(ふくらはぎ)の力が弱まり身体に様々な障害をもたらす原因となる場合があるので注意が必要です。

膝の炎症や外傷により「寝たきり」状態になってしまうのは、歩行量(運動量)が激減するためで、その結果足(ふくらはぎ)が第2の心臓の役割を果たせなくなってしまうからなのです。

この第2の心臓である足(ふくらはぎ)の筋力は非常に大切なので、日ごろからウォーキングなどの習慣をつけて筋肉のUPを心がけていことは大切ですよ!

PAGE TOP