変形性膝関節症

高齢になって、歩いたり、立ち上がったりする時などに膝が痛むようになってくる場合、変形性膝関節症が疑われます。
この症状は、軟骨がすり減って膝上の骨と膝下の骨がじかに接することが原因で神経が刺激されて痛みがでてきます。

対策としては、膝周りの筋肉の強化や体重が標準体重より多い方は膝への負担を軽減させるためダイエットも有効です。

PAGE TOP