のぞみ整骨院のブログ

2016年11月11日 金曜日

五十肩(四十肩)―そうなる前に地道な運動を―

先日関東に木枯らし一号が吹き、寒さが本格化してきた感がありますが皆さんは衣替えはお済みですか?
年末に向かって忙しい時期に差し掛かり、寒さによる体の冷えは病気にも怪我にも繋がるため早めの対策をしましょう。

今日はこれからの忙しい時期、ギックリ腰に並び、急な痛みが恐ろしい「五十肩(四十肩)」のお話です。


【突然腕が上がらなくなってしまったら】


肩の痛みで受診する人の多くは肩に突然激痛が走り腕を上げることができなくなったと訴えることがほとんどです。
しかし、本当に前触れも無く痛みが訪れたといえるのでしょうか。

実際には長い間、肩こりや首周りの筋肉の緊張に悩まされながらもこれといった対策をできずにいたのではないかと思われます。

肩の痛みの多くは肩関節周囲炎と呼ばれる症状です。

今ひとつイメージが湧かないという方には五十肩(四十肩)と言えばピンと来るのではないでしょうか。
仕事の内容や筋力によっては「二十肩」の人もいるものの、中高年になると増加する傾向にあります。

・日常、腕を上げる動作が少ない
・家事や仕事での負担
・筋力の低下


筋肉の緊張と筋力低下が進む中で肩周りを限られた範囲での動作を繰り返す事で肩の関節が変形し、炎症が起き、痛みが出るのです。


最終的な解決策としては筋力をつけると症状は改善していきます。
しかし、肩に痛みが出てからの筋力をつけるような運動は痛みを広げてしまうため痛みが出た段階でまずは医療機関(整形外科や整骨院)に受診し、治療の経過を見て運動していくのがよいでしょう。

他にも首や肩、腕、手に痛みやしびれが出る頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)などが考えられます。


ただし自分で症状はこれだと決めつけるのは止めた方がよいでしょう。
痛みを我慢してもよくなることはほとんどありません。

できることなら肩が凝る位の時から体からのSOSのサインだと思って相談してもらえたらと思います。





投稿者 のぞみ整骨院

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

大きな地図で見る

住所
〒366-0801
埼玉県深谷市上野台2944-1

最寄駅
深谷駅 駅からの直線距離 907m

診療時間
8:30~12:00 15:00~19:30
※土曜日は18:00まで

休診日:日曜日・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら